事業計画支援・補助金申請

魅力の発見と、どのように価値を見いだしてしていくか お客様と一緒に考えます。弊社のノウハウを活用した調査によって、機能的問題点を洗い出し、働き易く維持しやすい施設となるために、設備投資の順番や事業採算を考慮しながら、施設に合った企画・提案を行います。
これらに併せて、経産省・環境省・観光庁・厚労省・文科省の設備投資に関わる事業認定・補助金申請に対しても、計画案・予算書・事業工程表等の作成を行い支援いたします。

 事務所案内  事業内容  設計の流れ  お問い合わせ  採用情報

 

ブランディング支援

事業を進めるにあたりブランディングの重要度がますます高まっています。自社の価値や事業の方向性を、時間が経ても色褪せないデザインで表現し、ブランドを構築していくお手伝いをします。

 

まちづくり・地域活性化支援

地方は 日本全国均一な風景から脱皮し、その場所ならではの風情が求められ、そこでの営みが観光資源になってきています。歴史・風土を大切にした建物デザインの実績や、いくつかの温泉地のまちづくりに携わった経験を生かし、そこに住む人 働く人が気持ち良く〈まちなか〉に出て、活気が溢れることを目指します。

 

セミナー・講演会の企画・運営

セミナー、講演会の企画・運営業務を行います。これまでも旅館・ホテルや福祉施設の経営デザインセミナーや、まちづくりの講演を行ってきました。特に弊社が携わった建物での体験型セミナーに力を入れており、ご好評を頂いております。

 

再生・コンバージョン支援

これから生まれるものばかりでなく、既に長い時を生きてきた建物や まち空間にも目を向け、その価値を見出し共有して、大切に使い続けていくための提案を行います。再生・コンバージョンに必要となる建築関係法規への対応や、建的インフラ、構造チェックを行い、既存建物の残すところ壊すところを見極め、新しい価値を身にまとった新たな生命体として蘇らせます。WORKSにおいても数多くの事例を掲載しています。

 

建物維持・省エネ支援 耐震診断

建物完成後、その役目を終えるまでの維持費用※は建設費の4〜5倍掛かるといわれています。適時適切なメンテナンスが余計な出費や事業機会の損失を抑えます。建物履歴を調べ整理することで将来のメンテナンス時期が想定でき計画的な経営に繋がります。

※維持費用:水光熱費、点検費、保守費、清掃費、修繕費、更新費、警備

水光熱費を掛け過ぎていませんか?
建物種別で異なりますが、旅館の場合は弊社のこれまでの経験上、お客様ひとり1泊あたり水光熱費が1,200円を超えると使い過ぎにあたる可能性が高いと考えられ、水・電気・ガス・重灯油の使用量データを取り比較することで無駄が見えてきます。
建物使用人数の減少による設備機器オーバースペックの解消、老朽化したボイラー・配管などの更新、エネルギー消費量の見える化やAI制御等により、コストの抑制と環境配慮の両方を実現することが可能です。

耐震診断についても適格な診断と耐震補強設計を行います。

 

建築設計(基本設計・実施設計)・監理

事業計画で策定された基本構想を実際の建築図面とする基本設計・実施設計、工事監理を経て建物が完成しお引き渡し、備品を搬入してオープンするまでサポートします。建築のプロとしてのノウハウを駆使し、建設予算を効率的効果的に活用できるように、施工業者の選定、工事入札サポート、施工内容のチェックを行います。例えば、旅館の客室改修1室からお風呂やお食事処(厨房)だけでも対応させていただきます。